人形劇団ポポロ  

鬼ひめ哀話について

「鬼ひめ哀話」は、児童文学作家さねとうあきら先生の「おにひめさま」を原作に山根宏章が脚色・演出・出演し、1990年に初演した作品です。

ここからさねとう先生とポポロの20年以上に及ぶおつきあいが始まりました。

その後、何度かの再演を重ねていますが、その度に様々なかたちで関わっていただき、作品の持つ世界観とクオリティを高めてきました。

邦楽演奏家の仲林光子氏他の生演奏・地唄と人形劇の競演で創り上げる迫力の舞台です。ご期待ください。

 

あらすじ

「わたしは城の桜姫、世界で一番美しい。雪と競うても花と競うても負けはせぬ。」

美しいが、うぬぼれが強く、わがままな桜姫。

姫は京の都から訪れた三条之宮のもとに嫁ぐことになった。

思い立ったら少しの我慢もできないお姫様は、

春まで待った方が良いという人々の言葉に耳を貸さず、冬のさなかにお輿入れすることに。

 

雪降りしきる峠道…、鬼が住むという鬼きり峠に差しかかったところで、

「雪崩だぁーっ」という共の者たちの悲鳴の中、姫は雪にのまれてしまう…

夢うつつに男の背で聞く言葉 「人と思えば人となり、鬼と思えば鬼となる。すべてはお前の心次第だな」

 

気がつくと山中のあばら家、姫を助けた老夫婦が 心づくしのもてなしにと

囲炉裏に湯を沸かし、料理のために包丁を研いでいる。

研ぐ包丁のすり音にぐさりぐさりと息詰まる……。

「あっ二人は鬼、私は殺される、逃げなければ」

隙を見て出ようとした足下にギラリと光る包丁、ずしりと思い手応え。

「どうせ逃げても追ってくる。ならばこの包丁で」 姫の顔にメラメラと火影がゆれた。

 

スタッフ

脚色・演出 山根 宏章   音響 目黒 喜幸
原作・監修・補訂 さねとう あきら   邦楽演奏  
音楽 大倉 ただし    地唄・三弦 仲林 光子
美術 松本 真知子    鼓、太鼓他 吉口 克彰
装置デザイン 西山 三郎    篠笛・能管 仲林 利恵
書(舞台美術) 木村 雪苑   舞台監督 三好 和美
照明 渡辺 賢二   制作 葛山 美奈子

 

原作者・演出家より

永遠の女人像を求めて 
原作・監修・補訂 さねとう あきら[再演時のパンフレットより]

自惚れ屋で威張りん坊、自己中心で疑り深いとくればあまり好かれないに決まっています。しかし、そんな欠点を山のように背負いながら、それでも幸せを求めて必死な姫の姿に、わたしは永遠の女人像を見てしまうのです。

このたびポポロの皆さんといっしょに、わたしの創作民話群のなかでも、とりわけ愛着のある「おにひめさま」に挑戦します。野太い人間ドラマに期待してください。

 

求め、さらに求めて 
脚色・演出・団右エ門 山根宏章[再演時のパンフレットより]

哀しくもいじらしい、この「おにひめさま」に会えるのがたのしみであり、また恐ろしくもある。 客席の気息に身をゆだねながら、背中に背負った姫の心根を捉えたい、受け止めたい、しっかりと。

 

上演情報

時間:決まり次第掲載いたします。

対象:小学生~おとな

 

場割

決まり次第掲載いたします。