人形劇団ポポロ  

 

 

 

 

14ひきのひっこしだ
space


space

14ひきのひっこしだ

 


原作 「ルドルフとイッパイアッテナ」
講談社刊(作/斉藤洋 絵/杉浦範茂)
演出 くすのき燕(人形芝居燕屋)
脚色 くすのき燕/大沢愛(表現教育研究所)
人形美術 松本真知子
音楽 TATSUKI

 

変幻自在なキューブの動きで、
ワクワクドキドキ想像体験!
舞台や客席での生演奏で 楽しさいっぱい!
ルドルフとイッパイアッテナの
知恵と勇気と友情の物語!

 

●写真をクリックすると大きくなります

ルドルフとイッパイアッテナ  ルドルフとイッパイアッテナ  ルドルフとイッパイアッテナ  ルドルフとイッパイアッテナ  ルドルフとイッパイアッテナ  ルドルフとイッパイアッテナ
                     

 あらすじ

僕は黒ねこのルドルフ。

リエちゃんに飼われていた黒ねこだけど、 ある日、ひょんな事で乗ったトラックで遠い遠い町、東京へと 運ばれてしまったんだ…

ひとりぼっちになってしまった僕は、 そこでボスねこの イッパイアッテナに出会った。

イッパイアッテナは文字が書けて、 いろんな事を知っていて、 しかも人間との付き合いがうまい! とってもすごい野良ねこなんだ。

子ねこのルドルフがイッパイアッテナから、 野良ねことしての生き方や文字の読み書き、 知ることの大切さを学び成長していく。 そしていつしか友情が芽生えー。

僕はリエちゃんのところに 帰ることが出来るのかな?

 

原作について

「ルドルフとイッパイアッテナ」は、斉藤洋 原作の人気児童文学。1986 年度の講談社 児童文学新人賞入選。1991年にはNHK教 育テレビの「母と子のテレビ絵本」でアニ メ化され、2016年に3DCGアニメ映画が 公開される。

[続刊]
1988年 ルドルフとともだちひとりだち
2002年 ルドルフといくねこくるねこ
2012年 ルドルフとスノーホワイト

この作品について

●いろいろな場面をキューブで表現!

変幻自在のキューブの動きで、ワクワクドキドキ想像体験!

ルドルフとイッパイアッテナ

●舞台や客席で生演奏!

音楽で場面や風景、人形たちの心情などを表現します!

ルドルフとイッパイアッテナ

上演情報

対象 小学生
罫
理想観客数

200〜400人

罫
時間 90分(休憩あり)
罫