人形劇団ポポロ  

 

 

 

 

ちいさいアリババと40人の盗賊
space

アラビアンナイトより 人形スペクタクル

ちいさいアリババと40人の盗賊

脚色・演出 山根宏章
美術 小島 明
音楽 TATSUKI

アラビアンナイトはシェラザートによって語り続けられた千夜一夜物語。その中の、「アリババと40人の盗賊」を人形劇ならではの工夫により楽しく広がりのある舞台づくりで上演します。

幼児から小学生まで、大ホールでも上演可能です。
仮面と人形、平面人形など、さまざまな手法を使って表現します。
また舞台は大きく3面に分れた幕、大型セットなど見どころが多く、ハラハラドキドキ、スペクタルな娯楽作品です。

 

●写真をクリックすると大きくなります

ちいさいアリババと40人の盗賊  ちいさいアリババと40人の盗賊  ちいさいアリババと40人の盗賊  ちいさいアリババと40人の盗賊  ちいさいアリババと40人の盗賊  ちいさいアリババと40人の盗賊
                     
あらすじ  
作品について

この物語には、アラビアンナイト特有の残忍なシーンが繰り返しあるのですが、幼い子どもたちの柔らかい心には不必要な場面と考えました。そこで徹底的に娯楽作品にしようと、思いっきり笑える作品に仕上げることにしました。
映画「ホームアローン」のカルキン坊やのように、恐い強盗をこれどもかと痛い目にあわせる痛快さが必要ではないかと思い、アリババを少年として登場させることにしました。
小さな子ども達の声援が、アリババの活躍をさらに応援してくれることでしょう。

 

作品について

対象 幼児~小学生
罫
理想観客数

500~900人

罫
時間 65分
罫

貧乏なアリババは、国中を騒がせている盗賊団の秘密のアジトと、

それを解く鍵を知ります。
「ひらけ!ゴマ!」の呪文とともに、岩山の扉が開いて、

大きな洞窟があらわれます。
洞窟の中には金銀財宝がいっぱい。

コッソリ持ち帰った金貨のことを兄カシムに話すと、
カシムは洞窟に出かけ、盗賊に見つかり・・・。
アリババも追いかけられますが、かしこいモルギアナの機転によって、

難をのがれます。
庶民の知恵が勝った、痛快でハラハラどきどきするお話です。

舞台の特徴

★舞台は大きな3面に分かれた幕によって次々と変化し、大型のセット、人形によって大ホールでも上演が可能です。
★人形は仮面、棒使い、平目と、自由自在に使いこなし、あきさせない展開になっています。
★幼児・小学生向けの大、中ホールでの公演に最適です。
★ハラハラドキドキする娯楽作品として、スペクタクルな人形劇で魅了します。