人形劇団ポポロ  

 

 

 

 

手ぶくろを買いに
space
space

やさしく美しくピアノ演奏にのせて

手ぶくろを買いに


原作 新美南吉
脚色・演出 山根宏章
作曲 TATSUKI
ピアノ演奏 安住亜依子

新美南吉 原作。

生のピアノが語りかけ、心があたたかくなる

冬の日の物語です。

 

●写真をクリックすると大きくなります

手ぶくろを買いに  手ぶくろを買いに  手ぶくろを買いに  手ぶくろを買いに  手ぶくろを買いに  手ぶくろを買いに
                     
あらすじ  
作品について
幼い子を持つ若いお母さんたちに、愛する我が子と一緒に観て頂きたい舞台です。
親は子に教えるだけではなく、子どもに教わることがたくさんあり、それが幸福感となって二人を包んでくれるでしょう。
作者が訴える「違った生き物どうしの間の、魂の交流と共鳴」が現実のものとなって伝わってくる、今こそ必要な心のあり様を見つけ出してください。
語り手も、人形たちも、ピアノの演奏も精一杯ハートフルに伝えます。
 
作品について
対象 幼児〜小学生
罫
理想観客数

150~250人

罫
時間 60分(オープニングショー+ポエムポエム+人形劇)
罫

一面の雪の原、子ぎつねがうれしそうに初雪で遊んでいます。
冷たい雪で牡丹色になった子ぎつねの手を見て、

母ぎつねは毛糸の手ぶくろを買ってやろうと思います。


その夜、母ぎつねは子ぎつねの片手を人の手にかえ、銅貨を握らせ

、「必ず人間の手の方を差し出すんだよ」とよく言い聞かせ、町へ送り出しました。
はたして子ぎつねは、無事に手ぶくろを買うことができるでしょうか。

 

プログラム

同時上演    
(バージョン1)   (バージョン2)
0、1、2、3歳乳児親子で   幼児~小学校低学年・親子
☆手あそび
歩いていこう・お買い物ゲーム 他
☆ピアノにのってみんなで歌おう
  ☆ピアノ演奏を楽しもう
☆みんなで歌おう
―アニメソングなどから